カードローンの利息は思ったより多くはならない?

カードローンでお金を借りようと考えた時、やっぱり不安になるのは利息の問題だと思います。ですが、借入れ先によって金利はもちろん変わってきます。

 

ここでは大手の借入れ先の中でも多いと思われる18%の金利で計算してみたいと思います。

例えば10万円を30日間借りたとします。
この場合の利息は借りた10万円×利息の18%(0.18)×借りた日数の30日間÷365(金利は年利ですので、1日辺りの利息に計算し直しする為です)で計算します。
結果としては約1500円。

1500円と言うお金ももったいないことには違いありませんが、そんなモノ?と思った方も多いのではないかと思います。

 

これは借入額が半分になれば750円になりますし、借入れ日数が半分になっても同じくです。

 

多くの会社では日割りでの利息計算をしてくれますので、必要なお金だけを借りなるべく早く返すようにすれば思っていた以上に利息は少なくて済みます。

 

利息が思ったより少なくても、出来るだけ払いたくない。これも誰もが考えることです。

重要なことは利息と手数料!

カードローン利用時に発生するお金は2つです。利息と手数料。この2つをなるべく少なくするのは賢い利用のためには大切なことです。

 

利息を抑えるために重要なことは2つ。金利の低い借入れ先を選ぶことと、自分にあった無利息期間のあるカードローン会社を選ぶことです。

 

ただ、金利についてはその会社の中でも大きな幅があります。10%以上の差が上下であることも少なくありません。

 

こうなると自分がどの金利を適用されるかわからないと決めようがありません。その場合は、いくらくらい借りたいかをまず考えてみてください。

 

それが10万円程度の限度額で充分あれば上限の金利、何百万円となれば下限の金利に注目です。ただ何百万円と言う限度額は中々承認されません。

 

よほどの高収入を得ている方以外は上限金利に注目となると思います。

関連ページ

学生ローンに対応している消費者金融
学生ローンに対応している消費者金融をご案内します。